*

ブログのタグをSEOの観点からどう扱うのが正解か | 佐野元春「SHAME-君を汚したのは誰」

Visitors

公開日: : 最終更新日:2016/03/01 SEO

ブログのタグをSEOの観点からどう扱うのが正解か | 佐野元春「SHAME-君を汚したのは誰」そのタグ大丈夫? Webサイトにタグを貼る前にチェックしたい2つのこと

という非常に素晴らしい記事をWeb担当者フォーラムの安田編集長が書いていた。
ここで言うタグは外部のサービスが提供しているタグのことである。
ブログパーツとか、アクセス解析とかそんなタグのこと。

この記事に触発されて書いてみたのだが、タグはタグでもブログなどのタグの話し。

記事を短いフレーズや単語で言い表して分類する仕組みである。
カテゴリと違って、階層構造に縛られず自由に設定できるので使いようによっては有用だ。

カテゴリにするほどではないが、頻出する話題についてタグにしておけば、閲覧者は同様の話題について更に読みたければ、タグをクリックすれば更に理解を深めたり楽しんだりできるわけである。

例えばこのブログであれば、カテゴリとしては「SEO」ってカテゴリがあるが、その中でも例えば、
「コーディング」「ガイドライン」「スパム」といったタグを設定することができる。
(現在このブログではタグを設定していませんが)

すると、「コーディング」ってタグがついた記事を、Webサイトの制作者の方が読んだ時に、

「これは面白かった、ためになった」

と思ったら、「コーディング」というタグをクリックすれば更に関連の情報にアクセスできるようになるため利便性が高まるといったわけだ。
というわけで、正しく設定をすればタグはユーザーの利便性に貢献する。

とは言え、タグはSEOの観点からちょっとした難問である。

原則論から言えば、

「そのタグをユーザーがクリックする意味があるのであれば、SEOの観点からなんら問題なくOKである」

ということになる。通常はこの原則論で考えれば間違いはないが、このタグの問題は数少ない例外の一つかもしれない。
タグページを開いた時に、1記事や2記事しかないといった場合を考えてみよう。

そうすると、タグページを作ったことによって内容の薄いページが大量にできることになってしまう。

でもよく考えてみよう。

「タグページをクリックした時に、1記事や2記事しか表示されなかったら、ユーザーはどう思う?」

ってことである。
軽い落胆を感じるはずなのである。

これはGoogleに対しても当てはまると言っていいだろう。
タグページに巡回しに来て、

「なんだよ、こんだけしか情報ねえのかよ。来て損したわ。」

って判断される可能性があるということだ。
なので、タグページを作るならば、

「それ相応の充実度をもって作るべき」

というのが答えとなる。
それは検索エンジンにもユーザーにもよい情報を提供するため、言い換えれば落胆させないためである。

検索エンジンのことだけを考えれば、タグページヘのリンクをnofollowにすればいいじゃんになる。

しかし、nofollowというのは

「このリンクをたどっても先には大したものはありませんので、どうぞ読み飛ばしてくださいね」

と検索エンジンに伝えることである。
であるならば、ユーザーにも同じおもてなしをするべきというのが正しいだろう。

SEOと検索エンジン最適化といったように同じ語は一つにまとめる。
カタカナと英語とかまとめる。
あまりにも該当する記事が少ないタグは作らない。あるいは、ある程度数がまとまってからタグ化する。

といったきめ細やかなもてなしこそが、検索エンジンにもユーザーにも適切である。

私は原則としてユーザーにとってよいことは検索エンジンにとってもいいことと考えている。
このように考えればタグの問題は全く原則から逸脱しないのである。 

関連記事

ニュースは常にウォッチしておこう| 最後のニュース「井上陽水」

今日のアイキャッチ画像は井上陽水の「最後のニュース」だ。うーん、これ懐メロというには新し過ぎじゃね

記事を読む

検索順位を上げる確実な方法は一つしかない | 尾崎豊「卒業」

確実な方法は1つだけある。 それは何か? titleタグの中に検索キーワードを入れることだ。これは

記事を読む

LP(ペライチページ)の有効性

有限会社アズモードの宮脇氏のWeb担当者Forumの記事、「ページを開いたらまずスクロール、という

記事を読む

Googleが著者情報を廃止・オーサーランクはこれからどこへいくのか | THE ALFEE「Just Like America」

先週より検索結果に著者情報が完全に表示されなくなったことに気がついた方は多いだろう。 詳しくは海外

記事を読む

SEOの疑問「古くて役に立たなくなったコンテンツは削除すべきか?」| 和田アキ子「古い日記」

今日のアイキャッチ画像は和田アキ子の「古い日記」だ。詞は安井かずみ。いいよなぁこの捨て鉢な感じ。私

記事を読む

no image

SEOの実験結果といわれるものを鵜呑みにするな

こんなことをやったら順位が上がった。 っていうような実験結果ってよく見る。しかし、この手のものは

記事を読む

SEO会社には派閥がある

不思議なもので、SEO業者って同業同士であっても仲がよかったりする。普通、同業者っていうと商売敵に

記事を読む

SEO情報との距離の取り方について | THE ALFEE「星空のディスタンス」

SEM-LABOの阿部氏の記事「一次情報に踊らされない能力」にとても良いことが書いてあるので引用し

記事を読む

SEOサービスもモノからコトに進化しなくてはいけない

とある県庁所在地のある駅で約束まで時間があったので、スターバックスで時間を潰すことにした。 アイス

記事を読む

Web制作会社とSEO

  Web制作会社の方と話をしていてよく感じることがある。 「SEOは必要だとおもうんで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

arigatou-anata
広告はすべて否認をすべきか? | 山口百恵「ありがとうあなた」

被リンクのチェックはかったるい仕事である。 しかも、被リンクはウェブ

anatanara-dousuru
Googleがスマホ対応をランキング要因として重視すると発表 どう対応すべきか? | 「あなたならどうする」いしだあゆみ

Google、「スマホ対応」をランキング要因に利用することを決定。4/

alice
スマホ対応が難しい真の理由 | アリス「未青年」

「スマホ対応と安易に云う勿れ。」 もう一度云うのだ。 「ス

nichijyo
SEOはプレゼンテーションであると考えよう | 嘉門達夫「日常」

オーバーオプティマイゼーション(Over Optimization )

Visitors
ブログのタグをSEOの観点からどう扱うのが正解か | 佐野元春「SHAME-君を汚したのは誰」

「そのタグ大丈夫? Webサイトにタグを貼る前にチェックしたい2つのこ

→もっと見る

  • 順位は上げるものではなくて上がるものです
  • 2018年6月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑