ロングテールSEOのためのコンテンツSEOサービス

Contents is king.

小手先のSEO手法により充実したページよりも、SEOを行なっているページが上位表示されるという時代が続いてきました。
しかし、近年Googleのアルゴリズムの進化により、小手先のSEOでは上位表示できなくなってきています。しかも、過剰なSEOを行うと、逆に大きく順位が下がるといった状況になることが多くなりました。

この状況に対応し、検索エンジンから集客するためにはどうすればいいのでしょうか?

コンテンツは王である。と以前から言われてきましたが、今までのSEOにおいては必ずしもこれは当てはまりませんでした。
しかし、現在はこの言葉はこれまでになく、重みを増しています。

「価値あるコンテンツこそが検索エンジンから認められる」

ようになってきたからなのです。
価値あるコンテンツを作り、検索エンジンから集客することこそがSEOの王道といえるのです。

コンテンツによるSEO効果

コンテンツによるSEOには3つの重要なSEOの効果があります。

メリット1.ロングテールキーワードでの集客

文章中に含まれる様々なキーワードから、検索によって集客できるようになります。

コンテンツの例

摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることが、ダイエットの原理です。そのための具体的な方法は3つあります。

1つ目は摂取カロリーを少なくする方法。

2つ目はランニングや、スイミングなどの有酸素運動などにより摂取したカロリー以上にカロリーを消費する方法

3つ目は基礎代謝を増やす方法です。基礎代謝とは何もしていない時に消費されるエネルギーのことです。基礎代謝を増やせば何もしなくても痩せられます。

このようなコンテンツを作ると、「ダイエット」というよく検索されるキーワード(ビッグキーワード)ではなく、「ダイエット 原理」「ダイエット ランニング」「ダイエット 有酸素運動」「有酸素運動 基礎代謝」「痩せる」といった様々なキーワードで検索エンジンから集客できるようになります。
あまり検索されないキーワードを「ロングテールキーワード」といいます。

検索回数順にキーワードを並べ換えた図。ビッグキーワードは検索数が多いが、コンバージョン率は低い。

ロングテールキーワードで検索し自サイトに来た人は、ページを見る目的が明確化しているので問合せや購入などのアクションにつながりやすいのです。

メリット2.検索エンジンから評価される

検索キーワードに関連する情報が豊富にあるWebサイトは検索エンジンから高く評価されます。
コンテンツの質の高いページを多く保有していることによって、全体的な検索順位の底上げにつながります。

メリット3.一度作ったコンテンツは恒久的な資産に

月額課金形態のSEOサービスは、契約を打ち切ると検索順位が元に戻ります。
被リンクによるSEOには常にペナルティのリスクが付きまといます。
つまり資産にならないのです。

これに対して、コンテンツを作ることによるSEOは、コンテンツを消さない限りずっとSEOの効果が持続します。
つまり資産になるのです。

しかし価値のないコンテンツは評価されない

これまでのSEOにおいては、単にページ数を増やす、文字数を増やす、キーワードの出現頻度を変えるといった小手先の施策が通用しました。
俗に、コンテンツミル(コンテンツ製造工場)と呼ばれる価値がない薄いコンテンツでは検索エンジンから評価されなくなってきています。
小手先では通用しないのです。

価値のあるコンテンツとは

検索ユーザーのニーズを満たさないコンテンツです。

「SEO」というキーワードが含まれるページで、以下の3つはどうでしょうか。

例1.
私の好物はマグロの刺身と、ステーキです。この間、渋谷でステーキのおいしい店を見つけました。
美味しいステーキを食べたあとで、買い物をして、美容院にいって、夏らしく思い切ってショートにしてみました。
初夏の晴れた日って爽やかでいいですね。水色のワンピースを着てお出かけしたら、気持ちが夏の空みたいに清々しくなりました。
ところで、SEOはネオロジーがいいみたいですよ。

例2.
私は仕事でSEOをやってます。
まだ駆け出しなので正直あまりSEOのことはわかりません。
会社から本を借りて勉強したりしていますが、なかなか難しいです。
高校生の頃までは読書が好きで、小説とかたくさん読んでいましたけど大学に入ってからはあまり本を読んでなくて、またビジネス書とか読んだことがなかったので苦労してます。
2ページぐらい読むともう眠くなっちゃうんですよね(-_-;)

例3.
SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と言われます。
一般的には特定のキーワードで検索を行った際に、検索結果の上位に表示させる技術を指すことが多いです。しかし、実際は見込み客にならないユーザーを検索エンジンから、自社サイトに誘引したとしても、コンバージョンにはつながらないことがほとんどです。
従って、見込み客を集客するためキーワードの選定や、コンテンツの改善などを行うことなどの総体が最適化、SEOであると言えます。

例1.は論外。
例2.も実は1.と大差ありません。スパムではないものの、SEOというキーワードに対して、何ら役立つ情報を提供していないことは一緒です。
例3.のような文章は、SEOというキーワードについて知りたい人のための利便性を提供しています。つまり価値のあるコンテンツです。このような文章が検索エンジンから評価されるのです。

当社の提供するコンテンツSEOサービス

ユーザーのニーズが現れているキーワード毎に特化したページを作成します。
当社のコンテンツSEOサービスを転職支援サイトに導入した場合の例を挙げます。

ユーザーのニーズが同一であっても、検索キーワードは千差万別で異なります。
そのため検索キーワードに対応するページがないと、せっかく自サイトの情報を求めている人がいても、自サイトに検索エンジンから集客することができません。

※クリックすると拡大します
上記の図のようにユーザーのニーズに応じたキーワードに特化したページを大量に作りこみます。
これによって、ニーズのあるユーザーを数多く集客することができるのです。

またこのサービスは、コンテンツの豊富さという、検索エンジンが本来評価するポイントを大きく強化します。

関連する情報の量が非常に豊富になることにより、サイト全体のGoogleからの評価が高まります。
これまでは上位表示を狙っていたにもかかわらず、上位表示がまったくできなかったビッグキーワードが検索上位に表示されるようになるといった副次的な効果もあります。
当サービスでは、 この副次的なビッグキーワードの上位表示も積極的に狙っていくサイト設計・コンテンツ設計を取り入れています。

当サービスのメリット

  • 検索回数は少ないがニーズが高いロングテールキーワードで集客を大きく増大
  • これまで上位表示できなかったビッグキーワードの順位上昇による集客力増大
  • Googleのガイドライン違反にあたらないのでペナルティの危険性が皆無
  • リスティング広告に比べて非常に安価、コスト削減につながります
  • コンテンツの作成にかかるお客様側の作業は最小限

サービス提供価格

お客様がサイト上でPRしたい内容によって価格は異なってきます。詳しくはフリーダイヤル0120-148-226もしくはお問い合せフォームからお問い合せください。