*

「 コンテンツマーケティング 」 一覧

コンテンツ制作者の手足を縛ってはいけない | 尾崎豊「十七歳の地図」

縛られるっていうと尾崎豊だろう。と思うのはやっぱり私がおじさんなわけで。 さて、早速本題。 コンテンツで集客しよう。という流れは加速する一方である。SEOにおいてもコンテンツSEOという言葉が一般化

続きを見る

検索ユーザーは質問の答えを既に持っている場合がある

コンテンツって結局何が大切なんだろうか? と最近思うのだ。 いいコンテンツって一体何だろう? いいコンテンツとは、コンテンツを読みたい人を満足させるものだと思う。満足させるコンテンツとはこういうもの

続きを見る

記事を書くには理由がいる

あなたの会社で、理由を書かずに稟議を出して、 「お金を出してください。100万円」 って通るだろうか?多分通らないだろう。っていうか、絶対通らないだろう。 でもこれがまかり通っちゃうのがWebサイト

続きを見る

Googleは自サイトをどう評価しているのか

アイレップの渡辺氏は うっかり有料審査型スパムディレクトリに登録しないために - (今更) SEOとディレクトリ登録の歴史という記事を先日書いていた。その中の記述がとてもお役だちなので紹介したい。 

続きを見る

PDFファイル活用のおすすめ

PDFファイルって意外にあなどれないのだ。 Web上に公開してやると、意外と検索順位が上がったり、アクセスを集められたりすることもある。 PDFだからマークアップもへったくれもないのだけど、Goog

続きを見る

ブログじゃなくって整理された情報コンテンツを提供するメリット

ブログは確かに継続的に更新していると、アクセスを伸ばすことができる有用なアクセスアップの手法だ。 しかし、更新した日だけがアクセスが伸びて、更新しなかった日はアクセスが少ないのが普通だ。毎日更新して

続きを見る

話題性を維持する

大した内容でなくとも長く続けているとそれなりの人数の認知を得る事ができます。 逆にほとんどの事象は、それがどんなに素晴らしい事でもいつかは必ず忘れ去られてしまいます。 今でも残っている古き良き物の周り

続きを見る

良いコンテンツに賞味期限はない

みなさんが、ウェブで提供するコンテンツは、良質なものですか? もちろんそうですよね。 営業の立場をふまえている方なら、嘘でもそういってもらいたいところです。  インターネットが一般に普及してから15

続きを見る

便乗マーケティング論

現代は「リメイク」の時代だといわれています。 「無から何かを生み出す」 という創造はどのジャンルでもほとんどやりつくされ、過去のコンテンツを以下に作り直して新しい物に進化させられるかが、現代のクリエイ

続きを見る

文字は必要ない?

「Instagram」というiPhoneアプリをご存知ですか? 簡単なシステムの写真投稿アプリなのですが、世界中のユーザーが使用しております。 「いいね!」と同じ機能とコメントが可能なのですが、文字

続きを見る

arigatou-anata
広告はすべて否認をすべきか? | 山口百恵「ありがとうあなた」

被リンクのチェックはかったるい仕事である。 しかも、被リンクはウェブ

anatanara-dousuru
Googleがスマホ対応をランキング要因として重視すると発表 どう対応すべきか? | 「あなたならどうする」いしだあゆみ

Google、「スマホ対応」をランキング要因に利用することを決定。4/

alice
スマホ対応が難しい真の理由 | アリス「未青年」

「スマホ対応と安易に云う勿れ。」 もう一度云うのだ。 「ス

nichijyo
SEOはプレゼンテーションであると考えよう | 嘉門達夫「日常」

オーバーオプティマイゼーション(Over Optimization )

Visitors
ブログのタグをSEOの観点からどう扱うのが正解か | 佐野元春「SHAME-君を汚したのは誰」

「そのタグ大丈夫? Webサイトにタグを貼る前にチェックしたい2つのこ

→もっと見る

  • 順位は上げるものではなくて上がるものです
  • 2017年12月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑