ネオロジー

外部施策のノウハウ

外部施策のノウハウ

外部施策の意味と重要性

外部施策とは自Webサイトに対してリンクが貼られることによって、検索エンジンからの評価を高めることを狙うSEOの手法です。
リンクが貼られるということは、価値があるページだと認識される大きな要因となっています。

現在、以前に比べてリンクの価値は下がってはいます。
しかしながら、検索回数が多くビジネスに直結するいわゆるビッグキーワードで検索上位に表示させることは、外部施策を抜きにして不可能だと考えられます。

どのようなリンクが評価されるのか

Googleはリンクの価値を、

「リンクをどれだけのユーザーがクリックしてたどるのだろうか?」

という観点で評価していると言われます。

  • リンクが存在するページに価値があり
  • リンク元とリンク先の関連が深い

というリンクが評価されると考えればよいでしょう。
では、実際にこのようなリンクをどうやって生み出すか?
というのが外部施策の戦略となります。

外部施策は、自分の管理下にないページについて何かアクションを起こしてもらうという必要が出てきます。
小手先の手法というより、いかにしてリンクしてもらうか?という戦略を考えなければなりません。

外部施策の戦略

サテライトサイト

これが、最も一般的な外部施策と言えるかも知れません。
サテライトというのは日本語に訳すと、衛星という意味です。
本命のWebサイトをサポートさせるという位置づけのWebサイトを作ります。
このサポート役のWebサイトをサテライトサイトというのです。

サテライトサイトからリンクを貼るということで、検索エンジンからの評価のアップを狙います。

この手法は、外部施策とはいえ管理下にあるサイトなので、確実性があります。

サテライトサイト自体に価値のあるコンテンツを作りこみ、検索エンジンからの評価を高めることができれば、強力なリンクの力を期待することができます。

その逆に、内容の薄いページからのリンクでは効果はあまり期待できません。
場合によっては、逆効果になるというケースがあるので、コンテンツはしっかりと作り込むことをお薦めします。

相互リンク

昔からある手法です。
外部リンクを得る手法としてはある程度確実性があるため、価値のある方法ではあります。

関連性があり、かつ価値のあるサイトと相互リンクをすることは、適切な外部施策であり問題ありません。

その逆に不適切な相互リンクとは何でしょうか?

  • SEO目的のみの相互リンク集への登録
  • ユーザーから見て利用価値のないサイトとの相互リンク
  • 過剰な相互リンク

繰り返しになりますが、リンクの価値は、「リンクが存在するページに価値があり」「リンク元とリンク先の関連が深い」ということによっています。従って、上記の不適切なリンクには価値がないということがお分かりいただけるかと思います。

有料ディレクトリ

確実にリンクを得ることができる手法です。
代表的なものとして、

  1. Yahoo!カテゴリ
  2. Jエントリー
  3. クロスレコメンド
  4. e-まちタウンビジネスリスティング

といったようなサービスがあります。
リンクを購入するという行為はGoogleのガイドライン違反であるため、有料ディレクトリへの登録はしないほうがいいと考えている人もいますが、これは間違いです。
有名な有料ディレクトリサービスには以下の2つの価値があるためです。

  • 担当者が掲載するかどうかを目視で確認しているため、掲載されているWebサイトは価値があると考えられる
  • リンクがあるページそのものにある程度は価値があるため、リンクそのものの価値がある

登録することでSEOの観点からは決して損にはなりません。
とはいえ、有料ディレクトリへの登録は安いものではないので、資金的に余裕があればやればよいと考えればよいでしょう。
実際のところ、有料ディレクトリを登録したことによって、大きく順位が上昇するといったことは考えにくいのです。

無料ディレクトリ・中小検索エンジンへの登録

ディレクトリの代表格であるDMOZへの登録はまずは試みるべきです。
掲載される可能性は低いものの、無料であるためやってみる価値があります。

YomiSearchに代表されるような、小規模ディレクトリへの登録は価値がない場合があります。
SEO目的のみに存在しているディレクトリは、検索エンジンからも高い評価が受けられないのが普通なのです。

しかし、ユーザーの利便性につながるようなテーマ性のあるリンク集などへの登録には価値があります。

注意しなくてはならないのは、ツールで一括して中小検索エンジンに登録を行うといったシステムです。
このようなツールで登録してしまうと、低品質なページからのリンクが大量につくという現象が起こります。

場合によってはGoogleから評価を下げられてしまうこともあるので、避けるべきでしょう。

プレスリリース

プレスリリースはごく僅かな費用で自社のサービスや、製品を世の中に広くPRできる可能性のある、素晴らしい広報手段です。
また、様々なインターネット上のニュースサイトなどに掲載されるので、SEOという意味でもある程度の効果があります。

トラックバック

自社の製品、サービスについて褒めているというブログ記事などがあったら、これに対して丁寧にお礼のコメントをつけるという方法です。
地味ですがSEOの効果のみならず自社のファンを増やすこともできるので、よい方法です。

リンクのつくページ

  • 役に立つ
  • 心を揺さぶられる
  • 読み返したくなる
  • 人に教えたくなる

といったコンテンツを作り、ソーシャルメディアを使って拡散させます。
これが現在の外部施策の王道といえます。
特にビッグキーワードで安定して上位表示を狙う場合には、リンクのつくコンテンツをいかに作るかという戦略が不可欠です。